中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

電子制御整備認証の取得ペースやや上昇

電子制御装置整備の認証取得状況は県によるバラツキが大きいものの、ここに来て取得ペースがやや上がる傾向も見られる。愛知では六月に入って指定事業者での取得が進み、取得率は6割に近づいた。電子車検証、OBD検査など課題対応が迫られる中で、事業者の意識向上が指摘されている。電子制御装置整備認証の取得で、中部に比べ出遅れ感のあった関東、近畿でも今年度に入って取得ペースが上がっている。全国平均の取得率はようやく40%まできた。

(全文は整備新聞 令和4年7月25日号:1面に掲載)

 

静岡整備政治連盟・総会と国会議員との懇談会を開催前のページ

愛整振・整備技能競技大会で関・金選手が優勝(2連覇)次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    点検推進協議会がWebで必要性などをアピール

    国土交通省や日本自動車整備振興会連合会(日整連)など自動車関係…

  2. 整備関係

    岐阜整振・理事会で事業・決算報告など

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は4月26日、同振興会本…

  3. 整備関係

    整備関係

    三重運輸支局・白木広治支局長就任インタビュー

    4月1日付で、中部運輸局三重運輸支局長に前交通政策部計画調整官の白木広…

  4. 整備関係

    10月14、15日、3年ぶりに「なんでも無料相談所」を開設

    「クルマに関することは、なんでも相談に応じます」と、愛知県自動…

  5. 整備関係

    施設整備など着実に:松井雅人・軽検査協会愛知主管事務所長

    新年明けましておめでとうございます。令和3年の新春を迎え、心からお慶び…

  6. 整備関係

    愛知自販協と軽協会がオンラインで決起大会開く

    愛知県自動車販売店協会(小林剛 会長)と愛知県軽自動車協会(坪…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP