中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

電子制御整備認証の取得ペースやや上昇

電子制御装置整備の認証取得状況は県によるバラツキが大きいものの、ここに来て取得ペースがやや上がる傾向も見られる。愛知では六月に入って指定事業者での取得が進み、取得率は6割に近づいた。電子車検証、OBD検査など課題対応が迫られる中で、事業者の意識向上が指摘されている。電子制御装置整備認証の取得で、中部に比べ出遅れ感のあった関東、近畿でも今年度に入って取得ペースが上がっている。全国平均の取得率はようやく40%まできた。

(全文は整備新聞 令和4年7月25日号:1面に掲載)

 

静岡整備政治連盟・総会と国会議員との懇談会を開催前のページ

愛整振・整備技能競技大会で関・金選手が優勝(2連覇)次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    豊橋でマイカー点検教室を行い開催前から行列、子供向け体験も

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の豊橋支部(村田旬一郎支…

  2. 整備関係

    愛知の関係団体が名駅前で「自動車関係税見直し」をアピール

    自動車ユーザーの立場から自動車取得税、自動車重量税の廃止などの…

  3. 整備関係

    トラスティレンタカーが国産高級車から輸入車まで損保代車をラインナップ

    損保代車用レンタカー事業を展開するトラスティレンタカー(本社・…

  4. 整備関係

    整備関係

    自動車登録申請添付書類の有効期間を延長扱い

    国土交通省では、新型コロナウイルス感染症の影響が長期化し、自動車登録申…

  5. 整備関係

    愛知ダイハツが安城店で健康安全運転講座を開催

    産官学民の提携で地域密着プロジェクトを推進する愛知ダイハツ(坪…

  6. 整備関係

    愛知ダイハツの社員が持ち寄りフードドライブを実施

    地域社会の貢献活動に力を入れている愛知ダイハツ、ADWホールデ…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. お悔やみ
PAGE TOP