中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

大阪・関西万博の特別仕様ナンバーを今秋から交付開始

国土交通省は「2025日本国際博覧会」(大阪・関西万博)の開催を記念した特別仕様のナンバープレートを、今年秋から2025年までの期間限定で、全国の希望者へ交付開始することを決めた。新車・中古車の購入時だけでなく、現在乗っている車も番号を変更することなく、特別仕様ナンバープレートに交換できる。料金は今年9月下旬頃に公表する予定。

(整備新聞 令和4年8月25日号:4面に掲載)

9月1日から令和4年度スキャンツール導入補助金を公募前のページ

バス・トラックの自動運転基準を策定次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    岐阜整振、今年も「クルマの児童画コン」審査を実施

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は10月13日、整備振興…

  2. 整備関係

    愛整振・豊田支部が委員会と部会が連携し研修事業など計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の豊田支部(杉浦直人支部…

  3. 整備関係

    愛知部販協が総会で講演会など事業計画

    愛知県自動車部品販売協会(石川量章会長)は6月23日、名古屋市…

  4. 整備関係

    愛知ダイハツが独自のキッチンカー制作しイベントなどで活用

    愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)はこのほど、店舗イベントなどで食品…

  5. 整備関係

    未来を考える会が行政と意見交換に向けて内容確認

    業界で世代交代が進む中で、三重県自動車整備振興会(竹林武一会長…

  6. 整備関係

    機械工具のイヤサカがエーミング装置など内覧会を開く

    大手機械工具商社イヤサカ(斎藤智義社長)の名古屋支店(蓮池直彦…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP