中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・江南支部が支部活性化に向けて若手会を開く

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の江南支部(大脇伸二支部長)はこのほど、江南市の海鮮炉端焼き「喰海・江南駅前店」で若手経営者の交流会「第1回・若手会」(写真)を開催した。会員の二世を中心に16人が参加した。支部活動の活性化に向けて若手会員相互の交流を図った。

(全文は整備新聞 令和5年1月10日号:12面に掲載)

愛整振・豊川支部が忘年会で支部選手の全国大会出場など報告前のページ

愛整振・西尾支部青年部会がボランティアで清掃活動次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    特定整備・時代へアプローチ「JSK春日井サービスセンター」

    指定工場の春日井自動車販売整備協同組合(JSK春日井・永田喜代…

  2. 整備関係

    車検場内での事故が1000万円を超える高額な弁償費にも

    登録車や軽自動車の検査場内における受検者の事故が多く発生している。検査…

  3. 整備関係

    愛整振・碧南支部が総会で委員会主体の活動、山田支部長を選出

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の碧南支部(岡本彰支 …

  4. 整備関係

    愛整振・一宮支部が点検基準改正などをテーマに研修会

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の一宮支部(住田正一支部…

  5. 整備関係

    保安基準告示改正~自動運転に対応した検査を導入へ

    国土交通省は道路運送車両の保安基準の細目を定める告示を改正し、令和6年…

  6. 整備関係

    福井県永平寺町・自動運転で全国初レベル4の運転を開始

    福井県永平寺町で5月21日から、全国で初めて運転者を配置しないレベル4…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP