中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

野田敏幸・静岡運輸支局長の就任インタビュー、自動車の安全確保重点

4月1日付で、中部運輸局静岡運輸支局長に前自動車交通部次長の野田敏幸氏が就任した。東・中・西部で地域色も豊かな静岡県は、地理的条件からメーカー系企業や観光資源も豊富で、運輸の果たす役割は大きい。「運輸の安全・安心」を基本に、地方行政の最前線で指揮を取る野田新支局長に、県内自動車市場の現状と課題などについてお聞きした。
―支局長ご就任の抱負をお聞かせください。
野田支局長 自動車行政におけるさまざまな課題に対する意見やニーズをしっかり受け止め、社会経済活動に必要不可欠な自動車の安全確保に向けて取り組んでまいります。自動車整備事業は、急速に進展している自動車技術の高度化への対応や人材確保・育成が喫緊の課題となっています。とくに人材確保においては機会を捉えて、整備士の必要性や魅力を多くの方に伝えていきたいと考えています。

(全文は整備新聞 令和5年6月25日号:1面に掲載)

愛知会議所・総会で変革期の対応など強調、山口会長を再選前のページ

愛知運輸支局・電子車検証に伴う窓口対応、7月から取りやめ次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    電子制御整備認証が中部で取得率45%超える

    特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得が、中部地区では全国平均…

  2. 整備関係

    岐阜整振・飛騨ブロック総会で軽検査協支所促進など事業計画

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)・飛騨ブロック(大宮昌夫ブロック…

  3. 整備関係

    検査員研修など「同一性の確認」を強調

    整備事業者の検査における「同一性の確認不備」により、行政処分に…

  4. 整備関係

    愛整振・北支部が総会で点検教室や防犯ネジ取付けなど計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の北支部(岡田公明 支部長)は…

  5. 整備関係

    1月4日から軽自動車で電子車検証開始

    軽自動車の自動車検査証の電子化に伴い、軽自動車検査協会は令和6年1月4…

  6. 整備関係

    愛知軽主管・事故で閉鎖の検査コースが再開

    軽自動車検査協会愛知主管事務所(名古屋市港区)は、昨年から事故…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP