中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

整備業の仕事体験、愛知の新明工業など多数

仕事体験を通じて自動車整備士に対する興味や関心を高めてもらおうと、国土交通省は7月24日から9月16日の間、高校生などを対象に初の「自動車整備業における仕事体験事業」を全国展開している中で、中部でも多くの整備事業者が生徒を受け入れながら、人材確保に向けて整備の仕事の魅力などをアピールしている。愛知県では、豊田市の新明工業が前田工場で「メカニックワークショップ(メカワク)2023」(写真=研修に参加する学生)と銘打ち、最先端の整備業界をリアル体験できる体験会を開催、地域の生徒5人が参加した。

(全文は整備新聞 令和5年8月25日号:1面に掲載)

岐阜整振・県内の2高校が体験学習前のページ

細野商会会長・細野恭弘氏死去次のページお悔やみ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知ダイハツが西尾・津島の2店舗で高齢者対象に健康教室

    地域社会の貢献活動に力を入れている愛知ダイハツでは、SDGs推…

  2. 整備関係

    岐阜整振、7月から入庫促進キャンペーンを展開

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は7月1日から点検整備入庫促進策…

  3. 整備関係

    カー用品店で18件の部品・用品に注意喚起を行う

    自動車技術総合機構は、自動車用品店での自動車部品・カー用品の実態調査の…

  4. 整備関係

    不正車検防止へ国交省が通達、指定整備の適正化徹底を

    最近、ディーラー拠点などで不正車検の発覚が相次いだことで、国土交通省は…

  5. 整備関係

    愛知ダイハツが「地域見守り活動」で東海市と協定

    「地域の安全を守ろう」と愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)は12月1…

  6. 整備関係

    静岡整備政治連盟が総会開き業界の課題解決向け推進

    整備業界にあって活発な政治活動を行っている静岡県自動車整備政治…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP