中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

自検協・スマート継続OSSを活用促進

自動車検査登録情報協会(自検協、加藤和夫 理事長)では、電子保適証の作成やOSS申請データなどが簡単に行うことのできる「スマート継続OSSシステム」の活用を促している。同システムは車検証の電子化に伴い、OSS対応が必須となっている中で、継続検査OSSへの対応やハイブリッド申請にも対応しており、指定整備工場における継続検査申請業務の電子化をサポートするシステムとなっている。システムの概要は①クラウド型で日整連の保適証サービスに接続②自動で正確な電子保適証の作成③データの自動送信④保適証交付後の訂正も簡単⑤ハイブリット申請にも対応⑥重量税額の事前照会が可能⑦初期投資ゼロ―とするなど、OSS申請を短時間で正確に行うことができる。

(全文は整備新聞 令和6年1月25日号:4面に掲載)

中部運輸局・金子正志局長:運輸の安全確保など前のページ

JU岐阜AA・多彩な新春企画を3週連続で展開次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知の継続車検、登録車は前年比3・5%増

    車検市場が堅調に推移している。大市場の愛知県における令和2年度の継続検…

  2. 整備関係

    岐阜車協・フロントマンスキルアップ事業などの展開討議

    岐阜県自動車車体整備協同組合(平野将告 理事長)は7月5日、自動車整備…

  3. 整備関係

    名神養老SAで大型車の車輪脱落事故防止を啓発

    中日本高速道路(NEXCO中日本)と岐阜県警察本部交通部高速道…

  4. 整備関係

    JU愛知・外国人会員を対象に交流会

    愛知県中古自動車販売商工組合(JU愛知・加藤勇東 理事長)は9…

  5. 整備関係

    愛知販売店協・小林剛会長:経営の安定的発展を

    新年あけましておめでとうございます。令和6年の新春を迎えられたことと心…

  6. 整備関係

    10月1日からOBD検査プレ運用開始

    自動車技術が高度化する中で、自動車技術総合機構と軽自動車検査協会は、2…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP