中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

港北自動車、アライメント20000台達成でキャンペーン展開

アライメントテスターを活用して足回りサービスに取り組む指定工場の港北自動車(名古屋市港区、小野勝茂社長)は、昭和63年から始めたアライメント・サービスの累計入庫台数が2万台に迫っていることから、2月1日から3月末まで「アライメント調整台数・20000台達成キャンペーン」などのイベントを展開している。期間中はアライメントの基本診断料を特別価格で提供するほか、「2万台目」の車両は診断・調整の費用を無料にする特別企画を実施している。

(全文は整備新聞 令和2年2月10日号:2面に掲載)

整備関係4月から自賠責保険料が平均16・4%の値下げに前のページ

シリーズ特定整備:新制度が命運分ける車体整備業界次のページ特集

関連記事

  1. 整備関係

    今年度のスキャンツール補助金が半月で予算到達

    国土交通省は今年度も自動車整備事業者などを対象にスキャンツールの導入補…

  2. 整備関係

    整備関係

    中部で新規の認証工場が急増「特定整備の駆け込み」など

    特定整備制度のスタートを前に、今年3月の新規認証が中部(5県)で43件…

  3. 整備関係

    整備関係

    JAF愛知支部「車内の熱中症」に注意呼びかけ!

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)では、春先から初夏に…

  4. 整備関係

    岐阜整振、初のエーミング研修会を開く

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は1月25日、同整振岐阜…

  5. 整備関係

    整備技術の高度化を:田中森・福井整振会長

    新年明けましておめでとうございます。【中 略】整備業界におきましては、…

  6. 整備関係

    日整連・竹林武一会長に2期目の意欲を聞く

    自動車業界は技術の高度化が急進展し、百年に一度の大変革期と言わ…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP