中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

港北自動車、アライメント20000台達成でキャンペーン展開

アライメントテスターを活用して足回りサービスに取り組む指定工場の港北自動車(名古屋市港区、小野勝茂社長)は、昭和63年から始めたアライメント・サービスの累計入庫台数が2万台に迫っていることから、2月1日から3月末まで「アライメント調整台数・20000台達成キャンペーン」などのイベントを展開している。期間中はアライメントの基本診断料を特別価格で提供するほか、「2万台目」の車両は診断・調整の費用を無料にする特別企画を実施している。

(全文は整備新聞 令和2年2月10日号:2面に掲載)

整備関係4月から自賠責保険料が平均16・4%の値下げに前のページ

シリーズ特定整備:新制度が命運分ける車体整備業界次のページ特集

関連記事

  1. 整備関係

    愛知自動車会館の展示コーナー月替わりで多彩にPR

    愛知県自動車会議所(山口真史会長)は3月1日から1カ月間、愛知…

  2. 整備関係

    特定整備・時代へアプローチ「JSK春日井サービスセンター」

    指定工場の春日井自動車販売整備協同組合(JSK春日井・永田喜代…

  3. 整備関係

    電子制御整備認証・中部で取得率が26%に

    特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得が、この6月末現在で中部…

  4. 整備関係

    特定整備施行1年、中部運輸局・林健一自動車技術安全部長特別インタビュー

    特定整備制度がスタートして1年、整備業界にとって目下の1番の課題は先進…

  5. 整備関係

    車検場での衝突や出火事故など受検者の事故が多発

    自動車検査場内における受検者の事故が後を絶たない。検査機器を壊すだけで…

  6. 整備関係

    高山自動車短大・新実習センターが完成、最新設備と教材充実

    高山自動車短期大学(坂井歩学長)は2月27日、同校敷地内に最新…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP