中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

港北自動車、アライメント20000台達成でキャンペーン展開

アライメントテスターを活用して足回りサービスに取り組む指定工場の港北自動車(名古屋市港区、小野勝茂社長)は、昭和63年から始めたアライメント・サービスの累計入庫台数が2万台に迫っていることから、2月1日から3月末まで「アライメント調整台数・20000台達成キャンペーン」などのイベントを展開している。期間中はアライメントの基本診断料を特別価格で提供するほか、「2万台目」の車両は診断・調整の費用を無料にする特別企画を実施している。

(全文は整備新聞 令和2年2月10日号:2面に掲載)

整備関係4月から自賠責保険料が平均16・4%の値下げに前のページ

シリーズ特定整備:新制度が命運分ける車体整備業界次のページ特集

関連記事

  1. 整備関係

    JSK春日井が盛大に組合設立50周年祝賀会

    春日井自動車販売整備協同組合(永田喜代春理事長)は2月1日、春…

  2. 整備関係

    整備関係

    ご当地ナンバー「伊勢志摩」「四日市」など5月11日から交付

    国土交通省は、新たに地域名表示(ご当地ナンバー)による全国17地域の地…

  3. 整備関係

    新明工業が名市立工業高にCVTカット教材を贈呈

    若い整備士確保などの課題に取り組む愛知自動車整備人材確保・育成…

  4. 整備関係

    整備関係

    福井運輸支局・小林直人支局長就任インタビュー

    4月1日付で中部運輸局福井運輸支局長に、前中部運輸局交通政策部計画調整…

  5. 整備関係

    静岡整振、総会で技術強化をさらに推進

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)は6月19日、静岡市駿河…

  6. 整備関係

    整備関係

    中部運輸局・「特定整備」の説明など積極化

    道路運送車両法改正に伴う特定整備制度などが実施されることから、中部運輸…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. お知らせ
PAGE TOP