中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

港北自動車、アライメント20000台達成でキャンペーン展開

アライメントテスターを活用して足回りサービスに取り組む指定工場の港北自動車(名古屋市港区、小野勝茂社長)は、昭和63年から始めたアライメント・サービスの累計入庫台数が2万台に迫っていることから、2月1日から3月末まで「アライメント調整台数・20000台達成キャンペーン」などのイベントを展開している。期間中はアライメントの基本診断料を特別価格で提供するほか、「2万台目」の車両は診断・調整の費用を無料にする特別企画を実施している。

(全文は整備新聞 令和2年2月10日号:2面に掲載)

整備関係4月から自賠責保険料が平均16・4%の値下げに前のページ

シリーズ特定整備:新制度が命運分ける車体整備業界次のページ特集

関連記事

  1. 整備関係

    愛知の豊川支部、ドライブスルー方式で防犯ネジの取り付け

    自動車関連盗難が増加している中で、愛知県自動車整備振興会・豊川…

  2. 整備関係

    故坪内恊致氏の「お別れの会」11月10日に名古屋で開催

    愛知ダイハツ・ADWホールディングス(坪内孝暁社長)と愛知県自動車整備…

  3. 整備関係

    整備関係

    【特集】 今年も6月「不正改造車を排除する運動」

    今年度も6月1ヵ月間を強化月間として「不正改造車を排除する運動」が全国…

  4. 整備関係

    愛知の車検市場は上半期も底堅く

    今年度上半期(4~9月)の継続車検市場は、いわゆる裏年に当たるものの堅…

  5. 整備関係

    愛知自販協、総会で事業計画決め特別講演など

    愛知県自動車販売店協会(小栗一朗会長)は第60回、自販連愛知県…

  6. 整備関係

    JAFが自動車関係税のユーザーアンケート調査を行い98%が負担

    日本自動車連盟(JAF、藤井一裕会長)は今年も「自動車税制に関するアン…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. 車体関係
PAGE TOP