中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

岐阜整振・クルマの児童画コンクールの入選作品を審査

岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は10月9日、整備振興会館本館で県内小学生を対象にした「GASPA・クルマの児童画コンクール2020」(後援・岐阜運輸支局・岐阜県・岐阜県教育委員会、協賛・日整連、岐阜県自動車会議所)の審査会(写真:入選作品を選ぶ審査員)を開いた。今回は昨年の約2倍となる833点の応募があり、その中から各部門の入選24作品を選出した。

(全文は整備新聞 令和2年10月25日号:2面に掲載)

愛知の関係団体、自動車諸税の軽減を大村知事に要望前のページ

高山西支部5班が飛騨検査登録事務所周辺道路を清掃次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    今年度のスキャンツール補助金が半月で予算到達

    国土交通省は今年度も自動車整備事業者などを対象にスキャンツールの導入補…

  2. 整備関係

    静岡整振、総会で技術強化をさらに推進

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)は6月19日、静岡市駿河…

  3. 整備関係

    整備関係

    今年度もバンパーやベルトなど産廃の集合回収を開始

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)・岐阜南ブロックの岐南西支部(伊…

  4. 整備関係

    整備関係

    整備業界もいよいよ大変革期へ

    令和2年がスタートした。待望の東京オリンピック・パラリンピックが開かれ…

  5. 整備関係

    愛知のユーザー車検台数・上半期も3・6%増

    堅調な車検市場が続く中で、ユーザー車検が依然として大きな割合を維持して…

  6. 整備関係

    整備関係

    ミャンマーから政府関係者ら整備士制度など視察

    経済発展が著しいミャンマーで、国家技能標準開発事業における自動車整備分…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP