中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・青年部会がブロック会で特定整備対応など審議

愛整振青年部会(伊藤篤志部会長)の第2ブロックA班(横山陽一班長)は11月5日、岡崎市の魚信で今年度初の班会(写真)を開催した。今回は①あいおいニッセイ同和自動車研究所「次世代せいび研究会」②特定整備制度への対応③例会の開催④四十周年行事についてーなどについて審議した。

(全文は整備新聞 令和2年11月25日号:2面に掲載)

名古屋の軽車検場で検査機器に衝突事故前のページ

飛騨にも軽車検場を!必要性を訴え要望書次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知の継続車検台数、登録車は2・4%減、軽自動車は0・8%増

    継続車検市場が堅調に推移している。愛知県における令和5年度の継続検査台…

  2. 整備関係

    福井商組が総代会で、経済基盤強化や経済事業を柱に計画

    福井県自動車整備商工組合(田中森理事長)は5月24日、福井県自…

  3. 整備関係

    トーシンテックがワンボックスの後付け電動ステップを発売

    トーシンテック(本社・丹羽郡大口町、髙木龍一社長)は11月25…

  4. 整備関係

    愛知電装組合が総会で平出理事長らを再選

    愛知県自動車電装品整備商工組合(平出晴久理事長)は5月19日、…

  5. 整備関係

    中整連が理事会で特定整備制度の対応など

    中部5県の自動車整備振興会、商工組合で構成する中部地方自動車整備連絡協…

  6. 整備関係

    タイヤのパンク修理など空気充填作業に注意

    日本自動車タイヤ協会(JATMA,東正浩会長)はこのほど、タイヤの空気…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP