中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・青年部会がブロック会で特定整備対応など審議

愛整振青年部会(伊藤篤志部会長)の第2ブロックA班(横山陽一班長)は11月5日、岡崎市の魚信で今年度初の班会(写真)を開催した。今回は①あいおいニッセイ同和自動車研究所「次世代せいび研究会」②特定整備制度への対応③例会の開催④四十周年行事についてーなどについて審議した。

(全文は整備新聞 令和2年11月25日号:2面に掲載)

名古屋の軽車検場で検査機器に衝突事故前のページ

飛騨にも軽車検場を!必要性を訴え要望書次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振・三河地区に再び教育施設を検討

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は整備技術力強化に向けた教育事業…

  2. 整備関係

    愛知軽主管・事故で閉鎖の検査コースが再開

    軽自動車検査協会愛知主管事務所(名古屋市港区)は、昨年から事故…

  3. 整備関係

    新明工業が名市立工業高にCVTカット教材を贈呈

    若い整備士確保などの課題に取り組む愛知自動車整備人材確保・育成…

  4. 整備関係

    整備関係

    保安基準告示改正、来年11月から新型の乗用車に自動ブレーキ義務化

    国土交通省は道路運送車両の保安基準の細目を定める告示の一部を改正し、新…

  5. 特集

    【特集】愛整振支部が事業推進へ組織力強める

    自動車技術の高度化を背景に、整備業界も変革への対応を迫られる中…

  6. 整備関係

    JAF中部本部が観光施設への誘客アプリで支援展開

    「久々の外食はホテルレストラン」でと、日本自動車連盟(JAF)中部本部…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP