中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

三重整振の未来考える会が人材確保テーマにセミナー

業界で世代交代が進む中で、三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)の整備業界の未来を考える会(伊井雅春座長)は12月17日、津市のプラザ洞津で人材確保に関するセミナー(写真=コロナ対策をして開催した人材確保セミナー)を開き、会員など30人が参加した。今回は三重県中小企業団体中央会の専門家派遣等事業に参画して実施、若森経営研究所社長で中小企業診断士の若森康彦氏を講師に「コロナ禍における人材確保と働き方改革」について研修した。

(全文は整備新聞 令和3年1月25日号:2面に掲載)

岐阜整振が理事会で上半期の事業などを報告前のページ

愛整振・豊田支部と指定Bが合同役員会でコロナ禍の影響など事業報告次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    コロナ対策で4回目の車検延長

    新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、政府の緊急事態宣言の実施機関…

  2. 整備関係

    整備関係

    港北自動車、アライメント20000台達成でキャンペーン展開

    アライメントテスターを活用して足回りサービスに取り組む指定工場の港北自…

  3. 整備関係

    整備関係

    岐南西支部が総会で事業計画を決め伊藤支部長を選出

    岐阜整振・岐阜南ブロック(熊澤英夫ブロック長)の岐南西支部(坂井田祐司…

  4. 整備関係

    中部の特定整備認証、資格講習修了者が40%に

    今年度からスタートした特定整備制度に基づく電子制御装置整備認証の取得ペ…

  5. 整備関係

    岐阜整振が懸賞キャンペーン2020前半の抽選を実施

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は1月22日、岐阜市の同…

  6. 整備関係

    自動車会館の展示コーナーで特殊3団体の活動をアピール

    愛知県の自動車車体整備協同組合、自動車電装品整備商工組合、タイ…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP