中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

静岡商工が3会場で「商工祭」を開催

静岡県自動車整備商工組合(河田憲一郎理事長)はこのほど、令和2年度の「商工祭」を開催した。このイベントは組合員との“ふれあい”を通して商工事業に理解を深めてもらうための一大イベントとして隔年で実施しており、今年度は昨年11月22日に静岡県自動車整備振興会東部総合会館(東部会場)、3月13日は藤枝市生涯学習センター(藤枝会場)、14日は静岡市駿河区の静岡整振総合会館(静岡会場)の3会場で開催した。(写真=静岡会場で開催したミニ展示会)当初は東部、中部、西部の3会場で大イベントを計画していたが、コロナ禍で東部会場のみの開催となり、中部と西部の2会場は中止となった。しかし、藤枝会場と静岡会場は各地区の会員からの要望もあり「ミニ展示会」として追加開催した。

(全文は整備新聞 令和3年4月10日号:3面に掲載)

愛知部販協会長に石川量章氏が就任前のページ

愛整振・青年部会がエーミング出張デモ研修を開催次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    東海自動車が「健康経営優良法人」に認定、従業員の健康管理に注力

    指定工場の東海自動車工業(蒲郡市、三田俊和社長)はこのほど、「…

  2. 整備関係

    愛整振・中川支部が電子制御認証取得をテーマに研修会

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の中川支部(大矢英憲支部…

  3. 整備関係

    整備関係

    三重整振の未来を考える会が運輸支局長らと意見交換

    業界で世代交代が進む中で三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は2月2…

  4. 整備関係

    燃費の良い乗用車ランキングを公表・普通車1位はヤリス

    国土交通省は令和二年末時点で販売されている乗用車の燃費ランキングを公表…

  5. 整備関係

    整備需要動向調査で売り上げや入庫DIが改善

    コロナ禍で整備業界の景況感も昨年前半は大幅に悪化していたが、後半には徐…

  6. 整備関係

    永平寺の自動運転を社会受容性シンポジウムで紹介

    国土交通省は経済産業省と連携し、3月25日に東京都江東区のTOC有明コ…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP