中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

特集

 

特集

7月11日から夏の交通安全運動、県民あげて安全行動を

愛知県の交通事故状況は2年連続で交通事故死者数の全国ワーストワンを返上している。1年の折り返しとなる七月一日現在では愛知が全国ワースト7位となっており、死者数においても前年を下回っているが、ちょっとした気のゆるみが交通事故に繋がる。さらに新型コロナウイルス感染拡大防止により、人や車の動きが予測できないことから、日ごろの安全運転が重要視されている。こうした中で、今年も7月11日から20日まで「夏の交通安全県民運動」(写真=愛知県庁前での出発式)が展開される。夏本番を迎え、今まで以上に外出する機会が増えることから子供や高齢者が交通事故に巻き込まれる危険性が一段と高まる。一層の事故削減を目指し、自動車関連業界も「ストップ・ザ交通事故」を強く呼びかける。

(全文は整備新聞 令和3年7月10日号:4面に掲載)

岐阜車恊・青年部が「Web集客」でオンライン講習前のページ

電子制御整備認証・中部で取得率が26%に次のページ

関連記事

  1. 特集

    特集

    シリーズ特定整備:新制度が命運分ける車体整備業界

    4月からスタートする特定整備制度の影響を最も大きく受けるのは車体整備業…

  2. 特集

    愛知・今年も4月6日から春の交通安全運動を展開

    昨年に引き続き交通事故死者数の全国ワーストワンの汚名を返上した…

  3. 特集

    今年も6月に不正改造車を排除する運動を展開

    今年度も6月1カ月間を強化月間として「不正改造車を排除する運動…

  4. 特集

    【特集】愛整振支部が事業推進へ組織力強める

    自動車技術の高度化を背景に、整備業界も変革への対応を迫られる中…

  5. 特集

    【特集】愛知で9月21日から秋の交通安全運動を展開

    愛知の事故死者数増加で再びワーストの危機今年も9月21日か…

  6. 特集

    【特集】愛知で9月21日から秋の交通安全県民運動を展開

    今年も9月21日から30日まで「秋の交通安全県民運動」を展開し…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP