中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中部の法令研修、自主学習や日程変更など

今年度も各県で整備主任者・自動車検査員法令研修が本格化しているが、昨年度に続きコロナ禍の影響で方法や日程などの面で変則的な対応に追われている。とくに、国土交通省が全国に8月下旬、緊急事態宣言と蔓延防止特別措置が発令されている地区については、集合以外の方法による研修会にするよう事務連絡を出したことから、中部各県では急きょ9月の研修会について静岡と三重で自主学習、愛知は期間中の受講者に他の日程への選択変更を要請、岐阜は日程自体を変更した。10月以降も柔軟に対応する考えだ。

(全文は整備新聞 令和3年9月25日号:1面に掲載)

点検整備推進運動・プロの整備士や芸人などで点検デモ行いアピール前のページ

スキャンツール導入補助金を今年度は10月4日から公募開始次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    岐阜整備商工・総代会、組合員の経営基盤強化など計画

    岐阜県自動車整備商工組合(國枝功理事長)は6月12日、令和三年…

  2. 整備関係

    愛知自販協、総会で事業計画決め特別講演など

    愛知県自動車販売店協会(小栗一朗会長)は第60回、自販連愛知県…

  3. 整備関係

    整備関係

    自動車盗難 1件当たり被害額が増加

    自動車の盗難防止対策に取り組んでいる日本損害保険協会(損保協)は、今年…

  4. 整備関係

    愛知の岡崎支部が整備技術向上へセミナーを開く

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の岡崎支部(横山陽一支部…

  5. 整備関係

    スキャンツールの補助金の申請がわずか1日で受付終了に

    自動車整備事業者などを対象とした今年度の外部故障診断機(スキャンツール…

  6. 整備関係

    日整連・竹林会長が整備業の夢胸に聖火リレー走る

    東京オリンピックの開催に向けて、三重県自動車整備振興会会長で日…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP