中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

スキャンツール導入補助金を今年度は10月4日から公募開始

国土交通省は今年度も自動車整備事業者を対象に、外部故障診断機(スキャンツール)を導入する際の補助金申請を10月4日から受け付ける。予算額は昨年度を若干上回る1億6000万円で、公募期間は11月30日までだが、申請額の合計が予算額に達した段階で受け付けを終了する。補助率は3分の1で、1事業場当たりの補助上限額は15万円(交付決定前に購入した機器は対象外)。特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証を取得するためには、スキャンツールが必要になっていることから、導入補助の需要は高く、昨年度は7月27日の公募開始からわずか半月で予算額に達し、受付終了となった。今回も立ち上がりから申請殺到が予想される。

(全文は整備新聞 令和3年9月25日号:1面に掲載)

中部の法令研修、自主学習や日程変更など前のページ

岐阜整振・特定認証を指定工場の90%超が取得へ次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    新春放談:川村保憲愛整振会長~技術革新に対応し「整備力」さらに

    2022年がスタートしました。我が国ではようやく、新型コロナウ…

  2. 整備関係

    愛知自動車会議所、書面総会を行い事業・決算報告など承認

    愛知県自動車会議所(山口真史会長)はこのほど、新型コロナウイル…

  3. 整備関係

    福井整振・認証工場研究会で電子制御認証の取得促進

    福井県自動車整備振興会(田中森会長)は1月18日、福井県自動車…

  4. 整備関係

    岐阜整振がイベントに参画し子供たちを対象に仕事体験イベントを実施

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は8月21、22の両日、…

  5. 整備関係

    岐阜運輸支局、式典行わず功労者41人に表彰状

    岐阜運輸支局(松井雅人支局長)は10月6日、令和三年度運輸関係功労者表…

  6. 整備関係

    岐阜整振が理事会で総会上程議案などを審議

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は第35回通常理事会(写…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP