中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

NGK・11月からクルマと整備士がつながる予防整備サービスを開始

日本特殊陶業は11月から整備工場向けのコネクテッド予防整備サービス「ドクターリンク」の運用を開始した。このサービスはコネクテッド化された車両使用状況と整備履歴のデータを基に、AIとビッグデータを活用した独自のアルゴリズムで最適な整備時期・内容を整備工場に提供するもの。車と整備士が繋がるサービスの内容は、①ドクターリンクの専用端末を車に取り付ける②ドクターリンク・アプリをスマートフォンにインストールして利用登録を行う③スマホを通じて車の健康状態がドクターリンク・クラウドにつながり、車の走行データが自動的に送信される④AIの解析結果をもとに整備士が適切な整備を提案する。

(全文は整備新聞 令和3年11月25日号:2面に掲載)

秋の褒章で中部の整備業界から愛知の森和郷氏が黄綬褒章前のページ

中部5県でOBD検査のプレテストを実施、約250事業者が参加次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    点検整備推進運動・ポスターなどでOBD検査の広報も

    国土交通省と自動車関係団体は、今年も9~10月を強化月間に「自動車点検…

  2. 整備関係

    岐阜整振、初のエーミング研修会を開く

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は1月25日、同整振岐阜…

  3. 整備関係

    日整連が理事会で新技術への対応やOSS促進など事業計画

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は1月13日…

  4. 整備関係

    整備関係

    中部運輸局人事・3運輸支局長が交代

    国土交通省は4月1日付の人事異動を発表した。中部運輸局関係で課長級以上…

  5. 整備関係

    電子制御整備認証、中部の指定工場では82・7%に

    中部地方自動車整備連絡協議会(中整連)の集計によると、5県整備振興会会…

  6. 整備関係

    山積する課題に対応:竹林武一・日整連会長

    新年あけましておめでとうございます。令和3年の新春を迎えるに当たり、所…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP