中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中整連が理事会で特定整備制度の対応など

中部5県の自動車整備振興会、商工組合で構成する中部地方自動車整備連絡協議会(川村保憲会長)は11月12日、名古屋駅前の名古屋マリオットアソシアホテルで理事会を開いた。今回は①令和3年度中間決算報告②3年度自動車点検整備促進キャンペーン実施状況③中部ブロック電子制御装置整備に係る認証取得状況―について説明した。また、中部運輸局の嘉村徹也局長、日本自動車整備振興会連合会の木場宣行専務理事らが来賓出席した。
(全文は整備新聞 令和3年11月25日号:1面に掲載)

三重整振が功績称え整備士ら42人を会長表彰前のページ

整備業界の未来を考える会がOBD検査などで意見交換次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    変革の波に対応して:杉山智彦・静岡整振会長

    新年明けましておめでとうございます。令和3年の新春を迎えるにあたり、謹…

  2. 整備関係

    岐阜整振が11月13日に整備技能競技大会を開催

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は11月13日、岐阜市の岐阜整振…

  3. 整備関係

    JAF調査で後席シートベルト着用が一般道で42%

    日本自動車連盟(JAF)と警察庁が合同で、昨年10~12月に行った「シ…

  4. 整備関係

    電子制御整備認証、全国の取得率32%に

    特定整備制度による電子制御装置整備の認証取得が、全国平均で昨年12月末…

  5. 整備関係

    事故防止をさらに~春の交通安全運動を展開

    自動車関係団体も参画する愛知県交通安全推進協議会(会長・大村秀…

  6. 整備関係

    大型車・車輪脱落の事故防止対策を強化

    大型車の車輪脱落事故が増加していることから、国土交通省は、「大型車の車…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP