中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

車体整備関係

 

車体整備関係

日車恊・青年部が3年ぶりに集合形式で全国大会

日本自動車車体整備協同組合連合会(日車協連)の青年部会(伊倉大介部会長)は10月15日、仙台市青葉区のホテルメトロポリタン仙台で「第11回みやぎ全国大会」を開く。集合形式の開催は3年ぶり。大会テーマは「結~業界の価値を未来へ繋ぐ~」。同部会では「新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から開催の有無も慎重に検討したが、今だからできる方法を模索し、チャレンジすることで全国の会員に勇気や希望を感じてもらえる実現する」としている。

(全文は整備新聞 令和4年10月10日号:3面に掲載)

金山総合駅で第15回自動車なんでも無料相談所開設前のページ

愛車協・教育委員会が高度化講習と合同研修の内容を検討次のページ

関連記事

  1. 車体整備関係

    愛車協が総会で技術向上など重点に計画

    愛知県自動車車体整備協同組合(金原正和理事長)は5月25日、愛…

  2. 車体整備関係

    愛車協が総会で金原理事長を再選

    愛知県自動車車体整備協同組合(金原正和理事長)は5月26日、愛…

  3. 車体整備関係

    愛車協が理事・支部長の合同例会で業界動向など意見交換

    愛知県自動車車体整備協同組合(金原正和理事長)は7月14日、愛知県自動…

  4. 車体整備関係

    静岡車協が保険対応をテーマに西部地区でも経営セミナーを開催

    静岡県自動車車体整備協同組合(土屋忠士理事長)は10月23日、静岡県自…

  5. 車体整備関係

    中部車恊連・車体整備士講習など積極化

    中部5県の車体整備協同組合で構成する中部地区自動車車体整備協同…

  6. 車体関係

    車体整備関係

    岐阜車協・保険金で産廃処理費の支払い問題「裁判で決着」の考え固める

    廃部品などの産業廃棄物を適正処理する環境保全に取り組む岐阜県自動車車体…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP