中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

ロータス愛知支部が県内3カ所で172人が愛の献血に協力

整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会愛知県支部(水野昌浩支部長)は10月5日、地域奉仕活動の一環として県内3カ所で献血活動「愛の献血2022」(写真=小牧車検場での献血活動)を行った。同支部では例年、「ロータスデー・愛の献血」として10月の第1水曜日に、支部の同友や家族、提携企業などに参加を呼びかけ献血活動を実施している。
今回は200人が受付、体調不良の人や薬などを飲んでいた人、前の献血から3カ月以内の人などを除く、172人が問診や検査の後で献血した。このうち、157人が400ミリリットル、15人が200ミリリットルを献血した。

(全文は整備新聞 令和4年10月25日号:4面に掲載)

検査員研修などで検査の一部未実施防止に向け指導前のページ

愛整振・支部主催で電子車検証の対応説明会を開催次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    静岡商工・中部総支部のみミニ展示会を開催

    静岡県自動車整備商工組合(河田憲一郎理事長)は12月19日、静…

  2. 整備関係

    東京オートサロンで出展33台に文書で注意喚起

    自動車技術総合機構は不正改造車の排除を目的に、令和3年度のカスタムカー…

  3. 整備関係

    JU岐阜組合が今年も岐阜市にチャリティー浄財

    岐阜県中古自動車販売協会・同商工組合(JU岐阜・横山隆仁会長・…

  4. 整備関係

    愛知の自動車盗難、前年比49%の大幅増(7年ぶり)

    愛知県の昨年(1~12月)の自動車盗難認知件数は745件で、前年の認知…

  5. 整備関係

    点検整備推進運動・ポスターなどでOBD検査の広報も

    国土交通省と自動車関係団体は、今年も9~10月を強化月間に「自動車点検…

  6. 整備関係

    岐南西支部が役員総会で事業計画などを決める

    岐阜整振・岐阜南ブロックの岐南西支部(伊藤智司支部長)は3月2…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP