中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

岐阜整振・支部が道の駅でチラシ配布などで点検・整備をPR

岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)では、例年、道の駅やスーパー駐車場などで無料点検やナンバープレート盗難防止ネジを取り付けながら点検整備をアピールしてきたが、昨年に引き続き、今年も中止する支部が多かった。そうした中で、9月8日に郡上支部が郡上市で開催された「食の祭典inぎふ郡上2022」に初めて参加して点検整備の重要性などをアピールした。

(全文は整備新聞 令和4年12月10日号:4面に掲載)

三重整振・横断幕やプレートを活用して点検をアピール前のページ

静岡整振・初の子供向けイベントなど多彩な内容で点検をアピール次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    村上隆幸・三重運輸支局長の就任インタビュー

    中部運輸局三重運輸支局長に前自動車事故対策機構名古屋主管支所長…

  2. 整備関係

    愛知ダイハツ、津島市と高齢者支援を協定し見守り活動など

    地域の安全を守る取り組みを進めている愛知ダイハツ(坪内孝暁社長…

  3. 整備関係

    岐阜検査員会・飛騨で幹事会を開催

    県内指定整備工場の自動車検査員で構成する岐阜県自動車検査員会(…

  4. 整備関係

    三重整振が理事会で上半期の事業・収支報告

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は12月2日、津駅前のホ…

  5. 整備関係

    三重・未来考える会が子供向けに整備体験など実施

    三重県自動車整備振興会の「整備業界の未来を考える会」(伊井雅春…

  6. 整備関係

    三重・四日市整備組合が理事会で交通安全活動や親睦事業を審議

    四日市自動車整備組合(伊井雅春 理事長)は6月4日、四日市の北…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP