中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

令和3年度・愛知の継続車検台数、登録車0・7%減、軽は2・4%増に

継続車検市場が堅調に推移している。愛知県における令和3年度の継続検査台数は、前年度に比べて登録車が0・7%減、軽自動車が2・4%増、合計では0・2%の微増となった。稼働日数が1日多いことを考えると、全くの横ばいと言える。昨年度は新車販売市場がコロナ禍や半導体不足などの影響を大きく受けたことから、今後の車検市場に多少の変化も予想される。継続車検市場はエコカー補助金、東日大震災、消費税増税、軽自動車税増税などによる新車販売台数の影響を受けて増減を繰り返ししており、ここ数年の波動からすると令和3年度は愛知県でも前年比マイナスが見込まれていたが、最終的にはほぼ横ばいとなった。

(全文は整備新聞 令和4年4月25日号:1面に掲載)

愛整振・三河教育センター建設の地鎮祭を実施前のページ

静岡整備政治連盟、国会議員などに要望書を提出次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    岐阜整振・揖斐支部が道の駅3カ所でチラシ配布し点検PR

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)の西濃ブロック・揖斐支部…

  2. 整備関係

    静岡整備商組が理事会で「ミニ展示会」の開催などを協議

    静岡県自動車整備商工組合(河田憲一郎理事長)は10月21日、整…

  3. 整備関係

    日整連が総会で竹林会長を再選、特定整備対応など報告

    日本自動車整備振興会連合会・同商工組合連合会(竹林武一会長)は…

  4. 整備関係

    整備関係

    中部で新規の認証工場が急増「特定整備の駆け込み」など

    特定整備制度のスタートを前に、今年3月の新規認証が中部(5県)で43件…

  5. 整備関係

    愛整振・春日井支部が秋の交通安全運動期間中にシートベルト着用PR

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の春日井支部(栗林實 …

  6. 整備関係

    国交省・自賠責制度を広報し啓発活動を実施

    期限切れていない?「自賠責保険・自賠責共済」―国土交通省は今年も9月1…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP