中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

電子制御整備認証で中部の取得率は平均で58%に上昇

特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得率が、なかなか伸びていかない。全国で先行してきた中部地区では、静岡を除く四県で取得率50%を超えているが、ここ数カ月の進捗は鈍い。中部地方自動車整備連絡協議会(中整連)のまとめによると、昨年11月末現在の中部5県の電子制御装置整備認証取得工場数は7323工場で、振興会会員数(1万2702工場)に対する取得率は57・7%となり、前月末から0・6%上昇した。内訳は、指定工場で4187工場(会員の89・9%)、認証工場で3136工場(同39・0%)となっている。 

(全文は整備新聞 令和5年1月10日号:11面に掲載)

三重整振・商組が理事会で上期決算報告など前のページ

電子車検証がスタート混雑緩和に協力要請次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    福井運輸支局、伊藤政信支局長の就任インタビュー

    4月1日付で中部運輸局福井運輸支局長に、前交通政策部次長の伊藤…

  2. 整備関係

    整備関係

    三重整振・商工組合がコロナ対策で理事会を書面で実施

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)と同商工組合(同理事長)はこのほ…

  3. 整備関係

    岐阜運輸支局・運輸関係功労者など46人を表彰

    岐阜運輸支局は10月17日、岐阜市の岐阜県自動車会館で令和5年…

  4. 整備関係

    愛整振・知多支部、会員47人が参加し情報交換など活発

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の知多支部(清水昭博 …

  5. 整備関係

    愛知商工が理事会で代車レンタなど経済事業拡大へ

    愛知県自動車整備商工組合(川村保憲理事長)は3月22日、三河教育センタ…

  6. 整備関係

    車検証の電子化で振興会事務局対象に説明

    来年1月から自動車検査証の電子化がスタートすることから、中部運…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP