中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

田中秀一・岐阜運輸支局長の就任インタビュー、新技術対応と人材確保

4月1日付で、中部運輸局岐阜運輸支局長に前軽自動車検査協会愛知主管事務所長の田中秀一氏が就任した。岐阜県はマイカー依存が依然高いことから、整備事業者には自動車の安心・安全を確保する役割の重要性を訴える。近年は先進安全技術を搭載した自動車への対応や整備士の人材不足などが大きな課題となっている。田中新支局長に県内自動車市場の現状と課題などをお聞きした。
――支局長ご就任の抱負をお聞かせください。
田中支局長 近年、衝突被害軽減ブレーキなどの先進安全技術が搭載された自動車の普及に伴い、自動車整備事業の重要性は益々増加していますが、整備要員の高齢化とともに人材不足が深刻となっています。

(全文は整備新聞 令和5年5月25日号:1面に掲載)

機工協・OBD検査用の機器公表、バンザイのスキャンツール前のページ

岐阜整振が10月28日に整備技能競技大会次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振が今年も入庫促進キャンペーンを展開

    愛知県自動車整備振興会は今年も9月1日から、入庫促進などを目的に会員事…

  2. 整備関係

    岐阜整振・郡上支部が郡上の道の駅で無料点検

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男 会長)は9月16日、中濃ブロ…

  3. 整備関係

    国交省・2月末まで国交行政ネットモニター中部で約120人募集

    国土交通省は令和五年度「国土交通行政インターネットモニター」を、二月末…

  4. 整備関係

    岐阜整振が懸賞キャンペーン2020前半の抽選を実施

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は1月22日、岐阜市の同…

  5. 整備関係

    電子制御整備認証が中部で取得率45%超える

    特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得が、中部地区では全国平均…

  6. 整備関係

    JAF愛知支部が交通安全運動で夕暮れ時の事故防止を呼びかけ

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)は「年末の交…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP