中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中整連・総会開き事業計画、環境踏まえて連携強化

中部5県の整備振興会と整備商工組合で構成する中部地方自動車整備連絡協議会(会長・川村保憲 愛整振会長)は7月13日、静岡県御前崎市のホテルで第62回定期総会を開き、令和4年度事業報告・決算報告を承認するとともに、業界を取り巻く諸環境を踏まえ中部各県が連携を一層強め事業に取り組む計画などを決めた。役員の補選では、静岡整備商工組合の小川隆博理事長を新理事に選んだ。

(全文は整備新聞 令和5年7月25日号:1面に掲載)

愛知運輸支局・合計172の優良事業者を表彰前のページ

電子制御整備認証・中部の取得率は平均63・4%次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    三重・未来を考える会がコロナ対応やOBD検査など情報交換

    業界で世代交代が進む中で、三重県自動車整備振興会(竹林武一会長…

  2. 整備関係

    整備白書、業界の大多数が特定整備認証の意向

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、令和2年度版の自…

  3. 整備関係

    三重・未来を考える会がフェスタの参画して子供整備士体験を行う

    三重県自動車整備振興会(竹林武一 会長)の「整備業界の未来を考える会」…

  4. 整備関係

    中部運輸局、功労者255人と1団体を表彰

    中部運輸局は10月17日、局会議室で令和4年度の運輸関係(鉄道…

  5. 整備関係

    福井整振、理事会開き来年度の事業改革決める

    福井県自動車整備振興会(田中森会長)と同整備商工組合(同理事長…

  6. 整備関係

    愛整振・西尾支部が地元のスーパーで無料点検を実施

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の西尾支部(木下卓往 …

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP