中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・西支部がホテルで新年懇親会を開き親睦図る

愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の西支部(大橋幸一 支部長)は1月24日、名古屋市中区の名古屋観光ホテルで新年懇親会(写真)を開き、親睦を深めた。冒頭、大橋支部長は「今年は10月からOBD検査・確認が始まる。支部としても研修会などを通じて対応を図るとともに、会員相互の交流を目的とした研修旅行なども計画していきたい」と述べ、支部活動への積極的な参加を促した。

(全文は整備新聞 令和6年2月25日号:2面に掲載)

愛整振・知多支部、会員47人が参加し情報交換など活発前のページ

愛整振・来年も「キャンペーン2024」を実施次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    三重自販協・急速な変化への対応を

    日本自動車販売協会連合会三重県支部(岩井純朗 支部長)と三重県…

  2. 整備関係

    整備用機械工具販売が5年連続で前年度を上回る

    自動車整備用機器の販売が堅調に推移している。日本自動車機械工具販売協会…

  3. 整備関係

    トラスティレンタカーが国産高級車から輸入車まで損保代車をラインナップ

    損保代車用レンタカー事業を展開するトラスティレンタカー(本社・…

  4. 整備関係

    ロータス愛知支部・キャンペーンの表彰式と決起大会

    自動車整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会愛知県支部(水…

  5. 整備関係

    岐阜整振・高山東と西支部が合同で新年懇親会を開き交流深める

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男 会長)・飛騨ブロックの高山東…

  6. 整備関係

    三重自販協が書面総会を開き事業計画を決める

    自販連三重県支部(岩井純朗支部長)と三重自動車販売協会(同会長…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP