中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

4月から特定整備、3月末で経過措置が満了

令和2年4月に施行された特定整備制度に伴う電子制御装置整備の認証取得の経過措置が、この3月末でいよいよ期間満了を迎える。中部5県の整備工場における取得率は平均で70%を越えているが、認証工場のみでは約54%に留まっており、4月から電子制御装置整備を行うには認証の取得が必須となるなかで、早期の取得が求められている。

(全文は整備新聞 令和6年3月25日号:1面に掲載)

事故防止セミナー開催、健康管理で運転寿命の延伸へ前のページ

愛知電装組合・理事会で後期の事業内容など報告次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    岐阜整振・理事会で事業・決算報告など

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は4月26日、同振興会本…

  2. 整備関係

    愛知・豊田支部が委員会と部会が連携し研修会など計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の豊田支部(杉浦直人 …

  3. 整備関係

    JU愛知が青年部担当AAで初出品企画など

    愛知県中古自動車販売商工組合(JU愛知・兼松幸生理事長)は3月…

  4. 整備関係

    令和5年度の国土交通大臣表彰・中部整備業界から10氏

    国土交通省は10月27日、令和5年度の自動車関係功労者に対する大臣表彰…

  5. 整備関係

    三重運輸支局・加藤正光支局長の就任インタビュー

    4月1日付で、中部運輸局三重運輸支局長に前自動車技術安全部次長…

  6. 整備関係

    2022年度のNGKスパークガールに星香(せいか)さんを起用

    日本特殊陶業(本社・名古屋市、川合尊社長)は、2022年度の「…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP