中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

三重整振の未来を考える会が運輸支局長らと意見交換

業界で世代交代が進む中で三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は2月21日、津市の振興会館で第21回「整備業界の未来を考える会」(伊井雅春座長)を開いた。地区組合から推薦された若手経営者(委員)や振興会専務・常務理事など20人が参加。今回は三重運輸支局の小林博之支局長、和藤豪夫首席陸運技術専門官を招き、初めて意見交換を行った。意見交換では、「エーミング作業を含む特定整備は今後どのように進むのか」「後継者不足、整備士不足、若年労働者減少の中、指定工場等の工員見直しはあるのか」「特定整備の施行やOBD検査が開始されても、ユーザー車検や代行業者は存続できるのか」など、検査や今後の取り組みについての質問が多かった。

(全文は整備新聞 令和2年3月10日号:1面に掲載)

日整連の事業計画、特定整備対応や人材確保など前のページ

シリーズ特定整備:依頼先で交換が大半のガラス業界次のページ特集

関連記事

  1. 整備関係

    愛知・中支部、地元警察と連携して防犯ネジの取り付け

    自動車関連盗難が後を絶たない中、愛知県自動車整備振興会・中支部…

  2. 整備関係

    岐阜検査員会・大宮昌夫会長の就任インタビュー

    指定工場の検査員らで構成する岐阜県自動車検査員会は、指定整備の適正化や…

  3. 整備関係

    整備関係

    愛知で車体・電装整備士対象に整備主任者資格取得講習行う

    4月から特定整備制度が始まるのに対応し、愛知運輸支局と愛整振は3月25…

  4. 整備関係

    整備関係

    総整備売上高3年連続プラス(1・7%)に

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)がまとめた平成31年…

  5. 整備関係

    整備関係

    ミャンマーから政府関係者ら整備士制度など視察

    経済発展が著しいミャンマーで、国家技能標準開発事業における自動車整備分…

  6. 特集

    【特集】愛知で9月21日から秋の交通安全運動を展開

    愛知の事故死者数増加で再びワーストの危機今年も9月21日か…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP