中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

静岡整振・杉山智彦会長:整備士の魅力をPR

新年明けましておめでとうございます。会員の皆様におかれましては、令和6年の新春を健やかにお迎えのこととお慶び申し上げます。【中略】整備需要の分母となる国内の自動車保有台数は、2023年8月末現在、約8285万台となり前年同月と比較してやや増加しておりますが、長引く社会情勢不安やハイブリット車を含む電動車への移行に伴う自動車保有構造の変化等、自動車整備業界の抱える問題は山積している状況です。

(全文は整備新聞 令和6年1月10日号:3面に掲載)

三重整振・竹林武一会長:業界の振興発展など前のページ

岐阜整振・田口隆男会長:新技術への対応など次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    DAITO―焼却炉のオンライン展示場を新設・新営業サービス

    小型焼却炉の製造・販売、メンテナンスなどを行うDAITO(本社…

  2. 整備関係

    名鉄整備津島工場を指定取消の処分に

    中部運輸局は1月21日付で、検査の一部未実施などの不正車検を行っていた…

  3. 整備関係

    三重運輸支局・功労者51人と優良22事業者表彰

    三重運輸支局(村上隆幸支局長)は10月24日、津市の男女共同参…

  4. 整備関係

    秋の大臣表彰:中部の整備業界から10氏が受賞

    国土交通省は10月29日、令和2年度の自動車関係功労者に対する大臣表彰…

  5. 整備関係

    2月9日に三重整振が人材確保・育成セミナーを開催

    三重県自動車整備振興会(竹林武一 会長)は人材確保事業の一環として2月…

  6. 整備関係

    中部の人材確保、中学生への働きかけ活動など

    整備士の人材確保問題に取り組む中部運輸局は4月19日、局会議室で令和3…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP